忍者ブログ

ほかほか

グーグルの影響力


2014年8月19日の日本経済新聞の朝刊のグーグルに関する記事の中に、ビル・ゲイツ氏とスティーブ・ジョブズ氏の名前が出てきます。“警戒したゲイツ”、“ジョブズは激怒”と穏やかではなさそうだ内容・・・。まずゲイツ氏。グーグルの手法はマイクロソフトと対極的。検索やメールなどは無料で提供。数年ごとに改良するパソコンOSと違い、サービスは日々進化。この頃のマイクロソフトは、ソフト販売による高収益経営が揺らいでいたとのこと(2007年1月)。次いでジョブズ氏の激怒の理由。2007年1月、スティーブ・ジョブズ氏はiPhoneの発表会に臨んでいました。
グーグルは専用の地図を開発し、エリック・シュミット氏もスピーチで、アップルとグーグルの蜜月を訴えていました。しかしその後、グーグルが「アンドロイド」の開発を開始。アップルの技術を盗んだとジョブズ氏が激怒したのですでもiPhoneの人気はまだまだありますし大丈夫です^^。

SEOサービス
SEO対策費用
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カテゴリー

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア